現在地:/sitejn/default.html>ホームページ -人的資源 -宇陽での訓練

宇陽での訓練

     当社は学習型企業を目指して、従業員の教育と訓練に注力を注ぐ。従業員の研修や訓練に励まし、訓練を従業員に対するベストの投資と福利と認識し、従業員に多くの研修、昇格のチャンスを生み出す。 

 

管理訓練        技能訓練          入社教育

管理訓練

     事業発展の戦略や管理者の職責に対する要求に基づき、従業員の管理能力の習得と向上を目的とする。うち、中級、高級管理者に管理技能やリーダーシップ能力、執行力などの教育を実施し、幹部候補者に対して、管理職への切り替え、管理能力と技能の向上に関する教育を行う。

技能訓練

      国内の大学と共同で従業員向けの大学教育を実施し、当社が必要な優れた技能を有する作業者を育成する。当社が職業化のエンジニアと技術者の育成を目的に、定期的に社内講師訓練を含む各種の技能訓練を実施する。

入社教育

一、社会向け募集する場合

集中で教育:新入社員が入社した翌日に、管理部が新入社員の入社教育を行ない、教育の内容は企業概要、企業文化、給料福利、設備、5S管理、現場管理規定、安全管理制度について教育を行う。

部門での教育:新入社員が配属された部門が技能や職責、部門環境、作業手順、業務基礎知識、操作技能などを含む部門教育を行う。

 

二、キャンパス募集の場合

文化授業:新入社員が一週間の文化授業の訓練を受ける。訓練内容は、宇陽グループの企業概要と未来像、MLCC業界の将来性、ビジネスマナー、タイム管理、積極的心理状態、成功が執行力と繋がる、8D、安全知識、ERP基礎理論、事務ソフトの操作、製造業5S、品質管理システム、品質管理知識、MLCC製品の技術と作業方法、MLCC製造設備紹介、MLCC学術交流会などを含む。

軍事訓練とサバイバル訓練

入社後訓練:実習期間が過ぎて合格と認定された新入社員を対象に、入社後訓練を受ける。新入社員を受け入れる部門が新入社員の特長に基づく育成計画を作成し、実施する。

更に、新入社員がいち早く社会人への転換を遂げて、会社環境に慣れて、積極的、健康的な職業心理状態、チームワークの精神を築くため、各新入社員にサポートを与える。 

 

 

                     2010年の新入社員サバイバル訓練 

 

|ウェブサイト 地図 |リーガル |のリンク |